nlpを学ぶメリット

集合した子どもたち

1970年代のアメリカで研究開発されたNLPは、優れたコミュニケーションスキルとして幅広い分野で活用されています。日本でも、経営者やビジネスマン、スポーツアスリートなど多くの人々がnlpを利用して成果をあげています。nlpを学ぶためにスクールに通っている人が、最初に取得するのがnlpプラクティショナーの資格です。nlpの基礎から応用まで学べるnlpプラクティショナーコースを受講すると、プラクティショナーの資格を得ることができます。トレーナーが独自のカリキュラムを組んでプラクティショナーコースを構成しているので、受講料はトレーナーによって違ってきますが、日本での受講料の相場は30万円から40万円くらいです。安すぎる場合、高すぎる場合は注意が必要です。nlpは、信頼できるスクールで受講することが大事です。

nlpは、天才セラピストとして有名だった3人のセラピストを分析して開発されたものです。この3人のセラピーには共通したパターンがあり、そのパターンを体系化したものがNLPの基礎となっています。nlpは、心理療法の世界でセラピスト達に受け入れられ、急速に広がっていったのです。そして、その後、卓越したコミュニケーションスキルがビジネスやスポーツの分野で評判になり、アメリカ中に広まっていったのです。アメリカでは元大統領も学んでいたくらい有名なnlpですが、コミュニケーションが苦手な人が多い日本でも非常に人気があります。コミュニケーションにおいては、相手を尊重して理解することが重要です。nlpでは、相手と信頼関係を築くためのスキルを学ぶことができます。そのため、仕事がやりやすくなったという人も多いのです。