インストラクター

勉強する子どもたち

ヨガには、決まった資格というものがないのです。検定があるわけではないのでこのポーズが出来るから人に教えることが出来るというわけでもないのです。ヨガにはいろいろな種類や流派があるので、そこで行っている講義や講習を受けることでインストラクターという資格を得ることができるのです。教える人のレベルや体調に合わせてヨガのメニューを考えたりします。ヨガの知識や様々なポーズ、呼吸法などを習得し人に伝え教えていくためには、インストラクター講座を受け、その資格を取得することが大切となります。

ヨガは、パワーヨガ、ルーシーダットン、マタニティヨガなど多くの種類があるのです。資格を取りたいとあれもこれもと講義を受けていては、最後まで集中して受講することは難しくなるといえます。まずは、どの種類の資格を取りたいのか明確にすることが大切です。どのヨガを学ぶかは自分に合っているかどうかということも関わってきます。まずはスクールに通うことです。全くの初心者からインストラクターを目指すのであれば、いろいろ通って決めることも出来ます。いつも行く教室があるのであれば、そこで主催しているインストラクター養成講座を受けてもいいでしょう。教室の中には、インストラクターの資格を取ることで就職先を斡旋するところもあります。この資格を取ることで、自分の教室を開いて経営していくこともできるのです。